学生時代、お金がなくてしていたこと。

美大に通っていた私は、家賃以外の生活費を日々のアルバイトで稼いでいました。

最初に選んだバイト先はパン屋さんです。
サークルの先輩が先に働いていて、ちょうど一人アルバイトがやめてしまったのでどう?
と誘われ、働き始めました。

始めの頃は、食費とちょっとした光熱費、ちょっとした娯楽費を稼げれば十分だったので
講義の合間の夕方~夜にかけてシフトを入れていました。それで1ヶ月・約5万円程度の稼ぎです。

しかし、次第にそれだけではお金が足りなくなってきました。そう、「交際費」というやつです。

サークルに複数入って活動したりすると、否が応にも交友関係が広がり、当然飲み会や旅行などお誘いが増えます。
特に、一人暮らしだったので毎日のように友人達と集まっては外食したり飲みに行ったりやりたい放題だったので、交際費だけで3万円くらいかかる時もありました。
「お金がないから…」と言って誘いを断りたくなかったので、結局なんとか収入を増やす方向で考えることにしたのです。
パン屋の仕事を続けながら、休みの日は地元のフリーペーパーのカンタンな編集作業やカメラマンなどの仕事もするようになりました。土日の少しの時間で出来て自分のスキルが活かせるし、あとは家で作業ができるのでシフトの被りを心配しなくていいと思ったからです。

他にも、ハンドメイドのアクセサリーなどを作りインターネットで販売したりしていましした。
この収入は僅かでしたが、好きで作ったものを売ってお金が入るので全く苦痛ではなく、むしろ楽しんでやれました。

この2つ合わせると、月により変動しますが1~2万円の収入です。
けして多くはないですが、パン屋の仕事と合わせても、かなり助けられました。

卒業するまでの4年間、基本的にはこの3つの仕事をこなしつつ、旅行などで特にお金が必要な時は
休みを使ってリゾートバイトをしたりしてお金を稼ぎました。

「家賃以外は一切仕送りなし」という条件で進学させてもらったので、意地でもそこは甘えたくない!と必死に自分でどうにか生活をしていました。

学生の頃必死にアルバイトをしていたのですが、サークル費や交際費が重なる時があって、支出がある時に限って大体バイト代前だったりと財布の中が寂しい時・・その時はバイト先での前借なんてできなかったので借金をしたりして過ごしているときもありました。

学生だとお金を借りることができないんじゃないかって思っていたのですが、ネットで調べてみるとアルバイトをしていると親にも内緒でお金を借りることができる金融があったのです。

でもどこのどの金融がいいのかなんて全く無知で、もし闇金とか怖いところで借りてしまったらドラマの取り立てみたいなのとか、金利が恐ろしいほどついてしまうんじゃないかと怖い部分があったので口コミとか評判を片っ端から調べて安全なところで借りました。

参考に⇒こちら

いくらでもあるカードローンの会社が決めたやり方で、全く違う部分もあるけれど、各カードローン会社が定められている細かな審査項目のとおりに、ご希望の金額を本人に、時間を取らずに即日融資として対応することが可能なのか違うのか確認しているわけです。
非常にありがたい設定日数の間の、利子が一切いらない無利息キャッシングを利用すれば、ローンを利用した金融機関より請求される金額の合計が、低くすることが可能なので、これは見逃せません。なおこのサービスは審査項目が、特別パスしにくいものになるなんてことも全くありません。
あなたに無駄のないカードローンは一体どれなのか、また失敗しない返済額は毎月いくらでボーナス時には、何円までが限度なのか、についてちゃんと考えがまとまってから、あわてず計算してカードローンを賢く活用するのがベストです。
キャッシング会社では一般的に、申込があればスコアリングと呼ばれる審査法を利用して、キャッシング内容がOKかどうかの詳細な審査を実施しています。ただし実績評価が同じものでも融資してよいというレベルは、各キャッシング会社で差があります。
必要に応じて金融機関運営のおまとめサイトの豊富な情報を、ご利用いただくと、頼もしい即日融資で対応できる消費者金融業者はどこかを、家のパソコンからいろいろ検索しどの会社にするか選択することも、問題なくできるのです。

窓口に行かなくても無人契約機を利用して、手続を申込むというスピーディーな方法でもいいでしょう。店舗とは別に設置された無人契約機で全ての申込を行うから、誰とも話をせずに、必要なときにキャッシング申込の手続きができますので安心してください。
キャッシングとローンの細かな相違点について、時間や労力をつぎ込んでまで調べておく必要はないといえますが、融資してもらう前に、お金を返す方法などに関しては、絶対に確かめていただいてから、使っていただくことによってうまくいくと思います。
有名なアコムとかプロミスなど消費者金融系という種類の会社は、ちゃんと即日融資できるところがかなりあるようです。そうはいっても、このような消費者金融系でも、会社から求められる独自の審査だけは必要項目です。
住宅購入時のローンや車に関するマイカーローンと大きく違って、カードローンは、ローンのお金の使途については利用者の自由です。使い道に制限がないので、一旦借りて後からの積み増しに対応できるとか、複数の有利な点があるわけです。
審査申し込み中の方がキャッシング他社に申し込みを行って借入残高の総合計で、年収の3分の1以上となるような借入はされていないのか?そのうえで自社以外の他の会社に申し込んで、事前のキャッシング審査をしてみて、断られた者ではないか?といった項目などを調べているわけなのです。

便利なキャッシングやカードローンの取扱い会社に申し込んで、融資が決まって借金するのって、考えているほど間違いではありません。近頃は女の人しか借りることができない女性が申込しやすいキャッシングサービスも選べます。
会社が違うと、融資の条件として指定時刻までに手続き完了の場合のみ、という具合に決められているわけです。すぐにお金が必要で即日融資を望んでいる方は、申込をするときには締切時刻もしっかりと把握してください。
企業のポータルサイトなどネット上で注目されている即日キャッシングの仕組みや概要がたくさん紹介されていますが、その後の綿密な仕組みについての説明を紹介しているところが、残念ながらほとんどないのが悩みです。
インターネットを利用できる準備があれば、消費者金融に申し込んで頼みの綱ともいえる即日融資を受けられる、可能性がいくらかあります。と言いますのは、審査があるわけですから、無事にそれに合格したら、即日融資を受けさせてもらえるということを伝えたかったのです。
要するに、借りたお金の借入れ理由が少しも制限されず、貸し付けの担保や万一のための保証人を示さなくてもいい現金貸付というのは、サラ金でも銀行でも、キャッシングでもカードローンでも、内容は同じだと言ったところで問題はありません。

学生でも社会人でも消費者金融を利用する際には気をつけておかないといけないことが沢山あります。すぐにお金を貸してもらえるからこを怖いところもあるので気を付けてくださいね。

お金を借りることが悪いことだとは思いません。目的や返済計画がきちんと立てれる範囲での借入なのであれば・・・

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト